リフレッシュさせてくれるトニック剤として非常に優秀です。

ハーブ・ミントについて

ミント

◆ 種類が豊富

ハッカとも呼ばれているミントは、ハーブにうとい人でも知っている、非常に有名なハーブです。 ハーブティーにするのはペパーミントが多いですが、アップルミントなどでもおいしく飲むことができます。 非常に種類が多いのもミントの特徴で、 ペパーミント、スペアミント、アップルミント等の他、オレンジミント、パイナップルミント、ブラックペパーミントといったさまざまな種類のミントがあります。 どのミントも非常に丈夫で、繁殖力が旺盛です。 放置しておくと、ミントだらけになってしまうこともあるほどです。

これを防ぐには、地植えにせずコンテナなどで育てるか、こまめに切りつめて増やさないように気をつけます。 グランドカバーとして地面を覆いたいなら、増えるままにしておいても良いでしょう。 ただし、暗い場所では生育できないので明るい半日陰くらいのところを選んで植えます。 また湿りけを好みますので極端な乾燥には注意してください。 冬場は地上部が枯れて、根が越冬します。 春になればまたそこから新しい芽が育ってきますので心配しないで春を待ってくださいね。

広告

すぐに増える!

◆ 薄めて使おう

清涼感のある香りの代表ともいえる植物がミントです。その爽やかな香りから、ミントはお菓子や飲料、化粧品などの多くのものに利用されています。日本ではハッカと呼ばれているミントですが、日本在来のハッカはメントールの含有量が多く、また苦味も強いため料理や飲料には向いていません。料理に使いたい場合は、ヨーロッパ産のペパーミントやスペアミントを使うと良いでしょう。メントールの含有量が少ない分、風味が良いので様々なものに利用されています。 ペパーミントの効能のひとつに皮膚の炎症を治すものがありますが、ペパーミントの成分は1%以下の精油を使ってください。それ以上の濃度の精油を使うと、炎症が悪化してしまいます。炎症を治す効果の他には、毛細血管を収縮させて体を冷やしてくれる働きがあります。

ミントは皮膚をリフレッシュさせてくれるトニック剤として非常に優秀です。バスオイルに使うと爽快で、夏の熱をもった体を涼しくしてくれます。虫除けや消毒にも使えます。 ミントを煮出し、冷めたら普通の水遣りと同様に植物にかけてあげるだけです。 ミントを植えるうえでの注意点は、繁殖力の強さです。放っておくと他の種類と交雑してしまうため、2種類以上のミントを植える場合は距離を置いて植えた方が良いでしょう。