香りがとてもよく、消臭効果も高いです。

ハーブ・ラベンダーについて

ラベンダー

◆ リラックスに!

しそ科のラベンダーは、ハーブに疎い方でもよく知っている、とても有名なハーブですね。 ラベンダーと一口にいっても、非常に種類が多く、おおまかに分けてイングリッシュ系・ラバンジン系・フレンチ系・その他に区別することができます。 ラベンダーにはさまざまな薬効がありますが、 消毒・抗炎症作用、新陳代謝を助けて細胞の入れ替わりを促進するなど、怪我にも病気にも良いとされている万能ハーブです。 香りがとてもよく、消臭効果も高いので切った花を部屋に置いておくといいですね。 ラベンダーの香りには防虫効果もあり、ドライハーブにしてポプリに利用するのもおすすめです。

ラベンダーは耐寒性なのですが、フレンチ系のものの中には寒さに弱めの種類がありますので、お住まいの地域によっては苗を購入する際に確認しましょう。 多湿が苦手で、乾燥ぎみのほうが生育がよいです。 水や肥料はあまり必要なく、やせた土地で元気に咲くハーブです。 かまいすぎに注意すれば育てやすい、つまりどちらかといえば、ずぼらさん向きでしょう。 また耐寒性とはいえ、冬季の寒さが厳しくマイナス10度を切るような寒冷地では風除けをするなどで対処をしましょう。

広告

お馴染みのハーブ

◆ 種類も様々

ハーブと聞けばラベンダーを連想する人は多いでしょう。紫の可愛らしい花が印象的ですが、ラベンダーにはとても多くの品種があり、精油用として栽培されているイングリッシュラベンダーや暑さに強いラバンディン系ラベンダーなど、ハーブ栽培初心者には、種選びから迷ってしまいそうなハーブです。ラベンダーを育てる際は、用途や栽培場所などに応じて品種を選びましょう。数多くあるラベンダーの品種から、少しだけ紹介します。

・イングリッシュラベンダー:ラベンダーの代表品種。香りは良いですが、暑さには弱い。
・フレンチラベンダー:うさぎの耳のような、可愛らしい花をつけます。他の品種に比べて、暑さには強い。
・レースラベンダー:葉に細かい切れ込みがある品種です。ラベンダーの種類には珍しく、寒さに弱い。
・ラバンディン系ラベンダー:グロッソラベンダーやスーパーラベンダーといったものがこれに含まれます。暑さに強く香りも強い、栽培しやすいラベンダー。

料理やハーブティーにはイングリッシュラベンダーがよく使われています。ラベンダーは、花が開いてしまうと香りが薄れてしまうため、香りを大事にしたいときはつぼみのときに収穫してドライで保管しましょう。